スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by hibiki
category:スポンサー広告
  

アーツ&クラフツ展
生活と芸術 アーツ&クラフツ展
-ウィリアム・モリスから民芸まで-
P1040751.jpg
tsumamiとアーツ&クラフツ展に行ってきました。
去年汐留ミュージアムでの展覧会を見に行こうと思っていたけど
東京都美術館でも行うと知って楽しみにしていた展覧会。

美術館に入ってすぐ モリスの言葉
「役に立たないもの、美しいと思わないものを家に置いてはならない」
にギクリとしました。
いつもの事ながら、、、美術館を出ると随分時間がたってて
ゆっくり鑑賞していたんだと思う。デザインについて
色々話しながら鑑賞できるのは、自分の感じなかった事も
知ることができとても勉強になります。
生活と芸術を一致させようとしたモリスの思想と
自然をモチーフとしたデザインに惹かれます。
日本の民藝運動とは思想に共通点もあるけれど、
日本独自のものであると思うので、少し違和感を感じました。


P1040752.jpgP1040755.jpg
芸術に触れた後は谷中を散歩。
tsumamiが調べてくれていた 銭湯ギャラリーに
寄ったり、小さなお店がいくつかあり、楽しみました。
谷中銀座までいき、惣菜買って食べたり、
やなか珈琲はとても美味しくいつまでも口の中に珈琲の香りが
残り幸せを感じました。
P1040758.jpgP1040767.jpg
地元で食事して帰宅。充実した1日でした。
上野に行く事は多いけど、歩いたことのない場所を
歩くことで出会う物・人がありいい1日でした~
またゆっくりお出かけしましょうね~


Posted by hibiki
category:
comment(2)    trackback(0)

comment
楽しかったね~☆彡
役に立たないもの、
美しいと思わないものを家に置いてはならない



好きなものに囲まれてる方が気分がいいもの。
これ大事。なんでも妥協はダメだよね d(^ー^)

日本の民芸との共通点といえば、
この展覧会の誰かが書いてた感想で。
売ってたモリスのバックはおばちゃんぽいってあって、
ああ確かに。おばちゃんこんなバック持ってそう。
他の人は、日本の民芸は形自体がなんだか野暮ったいって。
両方ともどこか野暮ったい部分あるかもって妙に納得しちゃった。

あっちゃんのここに載せてある写真かっこいいね。
なんだかすごいところに行った気になるな~。
私の方は本当に下町って感じ。差があって笑っちゃった。
また知らない町にも遊びに行こうね。
見聞を広げるのだ~ ヽ(=´▽`=)ノ
2009/03/18 11:35 | URL | edit posted by tsumami
i-262 tsumami

楽しかったね~ありがとう
tsumamiに写真褒められると嬉しいわ!
正面写真ばかりですが・・・
確かにモリスバックおばちゃんぽかったね。
ミュージアムショップのものってどうして
これをこのデザインで商品にしたんだろう??って
ものもあるようね。
ポイント使いしたら良さそうとか思ったりする。
私が陶芸に最初に興味持ったのが益子の陶器(民芸品)
だったの。
今思うとかなりすごいデザインの薬味入れ買ってた。
茶碗すごく大事に使ってたな・・・渋い中学生でしたi-278
また今年も色々行って色々感じましょう~i-178


2009/03/18 23:38 | URL | edit posted by hibiki
comment posting














 

trackback URL
http://hibinote.blog59.fc2.com/tb.php/444-66462ab1
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。